マリファナアレルギーとは:マリファナ合法化に向けて

"What can I grab you, boss?"

何が欲しいの?

It's brisk business at Weeds, underneath the glass counters the Toronto pot dispensary offers colorful packages of marijuana-laced Jelly Bombs and Double Dunked Oreos. Connor Purdon is a recreational pot smoker and he's also the manager of the store. He's never had a bad experience with weed until this February when he smoked a more potent variety of marijuana.
*brisk=活気のある underneath=下で pot=marijuanaのスラング dispensary=薬局、診療所 laced=混ざっている recreational=娯楽用 weed=marijuanaのスラング potent=強力な効果のある variety of=様々な

Weeds(店名)は繁盛しています。トロントにあるマリファナ販売所では、ガラスカウンターの下でカラフルなパッケージに入ったマリファナ入りのお菓子やダブルダンクオレオクッキーが販売されています。Conno Purdonさんは娯楽としてのマリファナ利用者であり、この店のマネージャーです。彼はこの2月に普段より薬効の強い種類のマリファナを吸うまで、マリファナの使用に際して不快な経験をしたことはありませんでした。




"I actually took a hit of what we call concentrates and I'm not sure if I rubbed some in my eye or what happened but I had a heavy kind of allergic reaction in my face, really."
*took a hit of=(マリファナを)吸引する concentrates=濃縮された rubbed=rub(こする)の過去形

「吸ったのは巷でConcentratesと呼ばれる種類のマリファナ。自分の目をこすったのか何なのか、よく分からないけど、顔にひどいアレルギー症状がでたよ。」



Underneath his swollen eyes were blotches of a red rash. What Purdon now realizes is he'd had an allergic reaction to pot.
*Blotches=blotch(斑点)の複数形

腫れあがった目の下には赤い斑点が出ました。Purdon氏はマリファナに対するアレルギー反応だったことを知りました。

"How is your…hives?"
*hives=皮疹

「皮疹の具合はどうですか?」

Doctor Gordon Sussman is a renowned allergy specialist in Toronto. In the past couple of years he's noticed more and more cases of pot allergies.
*renowned=有名な noticed=notice(気が付く)の過去形

トロントのGordon Sussman医師は高名なアレルギー専門医です。ここ数年、彼は府マリファナアレルギーの件数が増えていることに気がついてます。


"If you inhale the marijuana you can have running and sneezing and itching, and itchy, watery eyes, and coughing and wheezing and shortness of breath. If you touch marijuana you can have hives and swelling."
*inhale=吸い込む running=流れる sneezing=くしゃみ itching=痒みのある watery eyes=涙目 coughing=咳 wheezing=喘鳴 shortness of breath=息切れ swelling=腫脹、腫れ

「マリファナを吸引すると、鼻水、クシャミ、花のムズムズ感、目の痒みや涙目、咳、喘鳴、息切れといった症状が起こる可能性があります。マリファナに触れた場合には皮疹や腫脹が起こる可能性があります。」





There have also been reported cases of anaphylaxis, an extreme reaction to pot that can include respiratory and cardiovascular symptoms. Pot allergies are under-reported, probably because of the clandestine nature of the marijuana industry but expect that to change with the impending legalization of pot in the country. Health Canada has licensed about thirty medical marijuana production facilities. Then there are all those store-front dispensaries operating in a grey zone. It all adds up to a wider group of people exposed to marijuana.
*under-reported=過少報告された clandestine nature=機密性、内密性 impending=近々起こる legalization of~=~の合法化

極端に酷いマリファナアレルギーによって、呼吸器と循環器関連の症状も引き起こすアナフィラキシーの症例も報告されています。マリファナアレルギーの報告数は実際の件数より少ないと考えらており、その理由はマリファナ業界の秘密性にあるようですが、差し迫るマリファナの合法化と共にそれは変化すると思われます。カナダ保健省はこれまで30ほどのマリファナ製造施設に許可を出しています。さらに、その活動の合法性が曖昧な路面店がたくさんあります。その結果、幅広い層の人々がマリファナに暴露されていることになります。




"More people are using marijuana and a certain number are being sensitized, and we have to understand that so we can prevent severe allergic reactions."

「多くの人たちがマリファナを使用しています。そして、ある数の人たちは感作されています。それを理解することで、深刻なアレルギー反応を防ぐことが可能です。」

Sussman is collaborating on new research in part trying to develop a standard skin test or a blood test for marijuana sensitivity, Kas Roussey CBC News ,Toronto.

Sussman氏はマリファナアレルギーの皮膚及び血液検査キットを標準化するための新たな研究を共同で行っています。CBCニュースのKas Ruoussey、トロントからの報告でした。

▲このページのトップへ

※思い切って英語を頭から訳してみましょう!
ページ内の日本語訳は出来るだけ直訳風にしており、読みにくくなっている箇所があります。一度、自分で訳してみるとより理解が深まるでしょう