カナダアルバータ州の医療問題

Cathy Burnupp spends her days lying on the couch, wearing a neck brace and a fentanyl patch for the pain. She has a history of sclerosis and osteoarthritis.

Cathy Burnuppさんはソファの上で日々を過ごしています。首にコルセットを巻き、フェンタニルパッチを貼りながらの生活です。彼女は硬化症と変形性関節症を患っています。

"Life is awful. It's like a chronic pain, so it's very, I guess lonely because you really do not fit in the society."

「悲惨な人生です。慢性的な痛みのようなものです。とても、孤独ですね。なぜなら社会に適合してないからです。」

Years ago she had several surgeries in the US all covered by Alberta Health but in 2005, it refused another US procedure and she could not get in to see a Canadian doctor who could do it.


何十年も前に彼女は米国で複数の手術を受けました。それらの手術はAlberta Health (州保険/州の医療システムの固有名称)でカバーされました。ところが2005年、州保険は(彼女が必要とする)アメリカでの次の手術をカバーしないと通達しました。更に彼女は同じ手術を執刀できるカナダ人医師の診察を受けることも叶わなかったのです。

"Nobody will operate on my neck. They tell me to go back to the original surgeon which is in Minneapolis."

「誰も私の首の手術をしてくれません。皆、最初の執刀医の所へ戻れといいますが、その医師はミネアポリスにいるのです。」

So she was bounced from doctor to doctor, department to department within Alberta Health. Based on doctors' letters and referrals "Go Public" put together a timeline. They chose big gaps, long waits, and a failure to communicate within the health care system.

結果、彼女は医師から医師へ、診療科から診療科へと、州の公的医療機関内でたらい回しにされました。医師のレポートとや紹介状に基づき「Go Public」(視聴者から寄せられた問題を取り上げ、問題の責任を追及する番組)は時系列にまとめてみました。大きなギャップ、長期に渡る待機期間、そして医療システム内のコミュニケーションの怠慢が見つかりました。

"It is such as waste of my life, when I know I could be, it could be fixed. It is so frustrating, just sit around and do nothing, watch life pass me by it."

「とても無駄な人生です。(首の痛みが)解決され得ると分かっているのに。。。とてももどかしいです。単に(ソファに)座っているだけで何もせず、人生が過ぎ去っていくのを眺めているんです。」

Day Price is a Calgary father, turned patient advocate. His thirty one year old son died just weeks after being diagnosed with testicular cancer. A review done by a provincial advocacy group on Price's experience found breaks in the continuity of care, lost information and poor communication between health care providers was common.

Day Price氏はカルガリー在住の父親です。患者活動団体の一員となりました。彼の31歳の息子は精巣癌の診断後数週間後に亡くなりました。州の活動団体がPrice氏のケースを総括した結果、ケアの継続性の裂け目、情報の紛失、そしてコミュニケーション不足が頻繁起こっていたことが判明しました。

The system has kind of managed to get upside down, because the primary care doctor, the family doctor is the one that has the best understanding of the patient's needs and yet the hierarchy of the system puts the specialist more in control. They have the option of not taking a patient at a given point of time.

(医療)システムが上下逆になっている部分があります。プライマリケアドクター、家庭医が患者の二―ズを一番よく理解しているにも関わらず、ピラミッド型のシステム構成によって専門医がコントロール出来る部分の方が大きいのです。専門医は患者受け入れを拒否する選択肢を持っています。

After our inquiry, Cathy Burnupp, got two calls, one from Alberta's Minister of Health, promising to get to the bottom of what happened, another call from Alberta Health offering to get Burnupp an appointment with an Alberta neurosurgeon. Rosa Marcatelli, CBC News, Calgary.

我々の調査、Burnupp氏は2本の電話を受けました。一本はアルバータ州保健局長から問題の根底までの調査を約束する電話、もう一本はAlbert Healthからアルバータの神経外科医との診療予約を提案する電話でした。CBCニュースのRosa Marca tell, カルガリーからの報告でした。

▲このページのトップへ

※思い切って英語を頭から訳してみましょう!
ページ内の日本語訳は出来るだけ直訳風にしており、読みにくくなっている箇所があります。一度、自分で訳してみるとより理解が深まるでしょう