ばい菌が喘息予防になる?

Kaylan Fong is almost three months old. That means her chances of getting asthma might already be decided based on the bacteria that’s living inside her gut.

Kaylan Fongちゃんはまもなく3ヶ月なります。彼女が喘息にかかる確率は彼女の腸内細菌によってこの時点ですでに確定されている可能性があります。

That's the finding of new research from this UBC scientist. Brett Finnley collected fecal samples from more than 300 infants and then catalogued all the bacteria in that baby poop. He discovered that the kids with the highest risk of getting asthma also had the lowest levels of four particular types of bacteria. *fecal = 糞便の poop = 糞便という意味のスラング *asthma = 喘息

これは新たなUBC大学の研究者らの研究で明らかになりました。UBC大学の研究者Brett Finnleyは300人以上の乳幼児から便のサンプルを採取し、サンプルに含まれる全ての細菌を分類しました。その結果、ある4種類の細菌の数が少ないければ少ないほど子供が喘息にかかる危険性が高まるという結果がでました。


"If you have these four bugs, you may simply have way less chance of getting asthma." *bugs =微生物や虫などを意味するスラング、ばい菌

「単純に言うと、これら4種類のばい菌を持っていれば、喘息にかかる可能性は極端に低くなりるということです。」

The theory is that the bacteria interact with human cells to build a stronger immune system and one explanation for increasing rates of asthma is the Hygiene Hypothesis; that our environments are too clean. *interact with ~ = ~と作用する *explanation = 説明 *Hygiene Hypothesis = 衛生説(環境生成の向上がアレルギー性疾患罹患と関連するという説)

細菌は人間の細胞と作用し免疫システムを強化するという仮説があります。喘息罹患率の高まりを説明する一つの仮説が衛生仮説です。これは環境衛生が行き届きすぎている(その結果、喘息罹患率が高まる)というものです。



"I think this study emphasizes the fact that the bacteria that are around us are actually really critical for our health and so being broadly exposed is actually beneficial for children’s health." *emphasize = 強調する broadly = 広く、広範に

「この研究によって、我々の周囲に存在する細菌は我々の健康に重要な影響を及ぼしており、つまり様々な種類の細菌に暴露されることは子供達の健康にとって実は利益をもたらすのだ、ということが寄り強く示されました。」

"There is a ton of smoking guns suggesting that this is the first real proof that here are certain microbes that seem to impact whether or not you get asthma later on in life."

「ある種の細菌が生涯の喘息罹患率に強い影響を与える可能性があることが初めて証明されたといえるでしょう。」


Finnley says the research suggests that parents can relax and stop worrying so much about exposing babies to bacteria in the environment.

子供達が生活環境内でバクテリアに曝されること対して親が過剰に心配する必要は無いと研究が示唆している、とFinnly氏は言います。

"Let them crawl on the floor, let them lick the floor. I mean watch a kid in action. They're basically hoovering everything they can into their mouth. Maybe there is a reason for that, maybe they are trying to colonize themselves early in life." *crawl = ハイハイする *lick =舐める *hoovering = colonize = 定着する

床の上でハイハイさせ、床をなめさせていいのです。子供達の行動を見てみてください。彼らは、基本的に周囲にあるものなら何でも口に入れます。その行動には理由があるかもしれないと言うことです。成長の初期段階で腸内細菌を定着させようとしているのかもしれません


The next step is to find out more about these four bugs and perhaps one day be able to screen babies and deliberately expose them to the bacteria if they don’t have it naturally. *deliberately = 意図を持って

次の段階はこれら4種の最近についてより研究を進めることです。赤ちゃんをスクリーニングし、これら4種の細菌を持っていない赤ちゃんを意図的に細菌に暴露させる日がくるかもしれません。

Kelly Crowe, CBC News, Toronto.

▲このページのトップへ

※思い切って英語を頭から訳してみましょう!
ページ内の日本語訳は出来るだけ直訳風にしており、読みにくくなっている箇所があります。一度、自分で訳してみるとより理解が深まるでしょう