増加続ける子供の肥満

It can be a dizzying day for parents, salty or sweet. Every kid here wants a mouth-watering, super-sized treat. *dizzying = 眼がまわる

しょっぱいもの、はたまた甘いもの、と親にとっては眼がまわるような日になりそうです。ここではどの子供達もよだれが出そうなほど美味しそうで特別に大きいサイズのおやつを欲しがります。

"Kids these days, they love the junk."

「最近の子供達はジャンクフードが大好きよ。」

"They tend to like the stuff that has food coloring and maybe more than like ten ingredients that I can't pronounce, so it's an uphill battle. " *pronounce = 発音する uphill = 困難な

「着色料が入った食べ物を好む傾向にありますね。私が発音できない材料名を10種類以上含んでいる食べ物です。難しい問題ですよ。」

"I love it!"

「私、これ、大好き!」

Everything in moderation, right? The problem is that’s not happening. A new study shows the number of obese children and teens in this country keeps going up. In the late seventies about five out of every one hundred kids was obese, in two thousand four that number more than doubled to twelve. Now, it’s up to thirteen, add to that another twenty percent classify as overweight based on their height and weight. Dr. Mark Trembley studies childhood obesity, he says like smoking, the consequences can last a lifetime. *consequences = 結論、結果

何事も適度に、ですよね?問題は、そう(適度)でないことです。新たな研究によれば、この国では10代を含む肥満の子供の数は増加し続けています。70年代後半には100人中5人が肥満でした。2004年度はその2倍以上の(100人中)12人に増えました。そして、現在(の肥満の子供の数)は13人、加えて20%の子供達が身長と体重にも基づき肥満気味と分類されています。Mark Trembley医師は子供の肥満を研究しています。彼は喫煙のように肥満がもたらす影響は生涯継続しうると言っています。



"Physical problems that we see here at the hospital, mental and emotional problems that increasingly are being seen here at the hospital and I think it's the tsunami that really is yet to come."

"我々の病院では身体上の問題、それからメンタルや感情の問題(を抱える子供達)が増えています。津波(のような症例数の激しい増加)はまだこれから来ると考えています。"

The rising number of obese kids also begs the question whether programs over the last decades have been working.

子供の肥満が増え続けている結果、過去数十年継続されている(公共の)プログラムが果たして効果を出しているのか否かが強く問いかけられています。

"Certainly no evidence yet that they are reversing the level of childhood obesity, which of course, ultimately is what we want." *reversing = 反転させる

確かに子供の肥満問題に効果があるという証拠はまだありません。当然我々はそれ(証拠の確立)を目指しています。

Aside from public programs promoting healthy habits, many point the finger at parents who often feel strapped for time. *strapped = strap(縛る)の受動体

健康的な生活習慣を推進する公共プログラム以外に、時間の無さを理由にする親を指摘する声も多くあります。


"I would suggest, make time for it, it's like an RRSP invest…….it's an investment in yourself." *RRSP =カナダの年金システム

その(生活習慣改善の)ために時間を作って欲しいと思います。年金への投資みたいなもです。自分自身への投資ですね。

If the trend continues and children keep getting heavier, doctors warn we may be raising a generation of kids that won’t be as healthy or live as long as their parents, Christine Birak, CBC News Toronto.

この傾向が継続し、子供達の体重が増え続ければ、親の世代より短命で不健康な子供が増えるかもしれないと医師たちは警告を発しています。CBCニュースのChristine Birak、トロントからの報告でした。

▲このページのトップへ

※思い切って英語を頭から訳してみましょう!
ページ内の日本語訳は出来るだけ直訳風にしており、読みにくくなっている箇所があります。一度、自分で訳してみるとより理解が深まるでしょう