カナダで中絶用ピルの認可下りる!

This pill has been at the center of controversy around the world for more than two decades. RU486, known as the abortion pill, helps women terminate pregnancies without surgery and it’s finally been approved for use in Canada. *controversy =議論 abortion =中絶 terminate =終わらせる pregnancies =pregnancy(妊娠)の複数形

その薬は世界中で20年以上の間議論の的となっています。RU486、中絶用ピルとして知られている薬は女性が手術を受けることなく中絶するために有効な薬です。




"I think it’s going to improve access for many women."

「多くの女性たちがこの薬を利用しやすくなると思います。」

It will be marketed here as MIFEGIMSO. The drug stops the production of the hormone progesterone needed to support a pregnancy. Health Canada says it’s approving its use for up to 49 days into a pregnancy and doctors who want to prescribe it will need training. Pro-Life groups say they’re going to fight the decision.

ここ(カナダ)ではMefigimsoという商品名で販売される予定です。この薬はプロゲステロンと呼ばれるホルモン、妊娠に必要なホルモンですが、このホルモンの生成を止める作用があります。カナダ保健省によれば、認可される適応は妊娠49日目までで、この薬の処方を希望する医師はトレーニングを受けることが課せられる見込みです。Pro-Lifeグループはこの決定に抗議するつもりであると主張しています。

"We will petition Health Minister Rona Embras to revoke the decision to approve this drug." Petition=嘆願する、申し立てをする revoke=撤回する

「我々は厚生大臣Rona Embras氏にこの薬に認可に対する決定を撤回するよう申し立てを行うつもりでいます。」

But today the federal Health Minister who voted to reopen the abortion debate a few years ago, says she’s not getting involved.

けれど、本日国の厚生大臣、数年前に中絶のディベートを再開することに一票を投じた人物ですが、彼女はこの件に関しては関わっていないと言います。

"The decision is……does not rest with me, it’s out of my hands and the decision is final."

「この決定は、私のところにはありません、私の手の届かないところにあります。この決定はすでになされたものです。」

Pro-choice advocates hope the pill increases women’s access to abortions especially in places like PEI, where there are no clinics. Advocate(s)=支持者

Pro-choiceの支持者はこの薬によって、特に診療所の無いPEI(プリンスエドワード等)等で、女性たちが中絶という手段にアクセスしやすくなることを願っています。

"Being able to access this type of procedure that doesn’t require surgery is just, ah, safer way for women."

「こういった形の、手術を必要としない方法にアクセスできるというのは、女性に対する安全性を高める方法だと思います。」

The approval of MIFEGIMSO took two and a half years after its British manufacturer applied to Health Canada. France and China were the first to approve the abortion pill in 1988. The UK and Sweden soon followed. By 2000 it was available in the US and Russia. It’s now available in sixty countries including Italy, Tajikistan and Mongolia. And the World Health Organization has long had it on its list of essential medicine. So why did it take 27 years for it to become available here?

Mifegimsoの認可には英国の製薬会社がカナダ保健省に認可の申請を出してから2年半の年月を要しました。フランスと中国は中絶用ピルに対する認可を初めて出した国です。1988年のことです。英国とスウェーデンがそれに続きました。2000年までにUSとロシアで認可されました。現在はイタリアやタジキスタン、モンゴルを含む60カ国で認可されています。WHOの長い間、必要不可欠な薬のリストにその薬を載せています。ではなぜ、ここでの認可までに27年と言う年月がかかったのでしょうか?

"Canada is a relatively small market and the process of getting a drug application is as you’ve seen lengthy and costly."

「カナダは比較的に市場としては小さい国です。そして、医薬品の認可にはご存知の通り、長い時間と多額の費用がかかります。」

Doctors say the pill doesn’t replace surgical abortions. It will be just another option available to women and will be on the market by next year.

医師らはこの薬は手術による中絶の代替ではないと言います。女性にとっての新たな選択肢ができることになるでしょう。そして、それは来年から市場に出回る予定です。

▲このページのトップへ

※思い切って英語を頭から訳してみましょう!
ページ内の日本語訳は出来るだけ直訳風にしており、読みにくくなっている箇所があります。一度、自分で訳してみるとより理解が深まるでしょう