NsAIDsに対する警告強める模様

It’s one word the US Food and Drug Administration says has to go, no more "may". All non-Aspirin painkillers and anti-inflammatories will soon read "cause an increased risk of serious heart attack and stroke. Studies estimate the relative risk increases by ten to fifty percent depending on the drug and the dosage. These pills are widely used to treat pain including arthritis, headaches, muscle aches and back pain. For some in this country that’s a tough pill to swallow.*estimate=見積もる *a tough pill to swallow=受け入れ難い事実という意のイディオム、薬という意味のpillとかけてある

“かもしれない”という曖昧な表現の削除の必要性を米国のFDAは唱えています。非アスピリン系鎮痛薬と抗炎症薬にはまもなく“深刻な心臓発作及び脳梗塞のリスクを上昇させます”との表示がされる見込みです。複数の研究によると、薬の種類や用量によりますが、相対リスクは10-50%上昇すると見積もられています。これらの錠剤は痛みの治療、関節炎や頭痛、筋肉痛や腰痛などに幅広く利用されています。わが国民の中には、(この警告を)受け入れ難く感じる人もいることでしょう。



"It’s quite possible that I might do a little looking into that before I pop a pill next time." *pop a pill =錠剤を服用する意のスラング

次に錠剤を飲む前にはこの(警告)にもう少し警告を見るようにすると思います。

"I don’t know, I would be less confident taking it ." *confident=信頼にあたる、自信がある

“分からないけど、以前よりもその薬に対する信頼が低下するかもしれません。”

The new warnings will be on drugs most people have in their cupboards, including Ibuprofen and over the counter products like Advil, Motrin IB and Aleve. *cupboard=棚

今回の新たな警告は、多くの人が自宅の棚に所持している薬に表示されることになるでしょう。イブプロフェンやOTC薬であるAdvil、Motrin IB, Aleveなどがそれにあたります。

"So I think it’s a good thing generally, that the FDA is strengthening the warnings." *strengthening =strongの動詞、よって強めるの意

“概して、FDAが警告を強めたのは良いことだと思います。”

Dr. David Henry researches the impact of medicines used at the University of Toronto. He says this change should have been made years ago.

David Henry医師はトロント大学でこの薬の影響について研究を進めています。彼によれば、これはずっと以前にとられるべき対応だったということです。

"We've known about these risks for fifteen years and they've been slow to get clear and coherent information out to the public." *coherent=首尾一貫した、粘着した

ここ50年間知られていたリスクです。明確且つ一貫した情報を一般市民に知らせるのに時間がかかりすぎているのです。

Health Canada acknowledges the risks of serious heart and stroke events but only includes the warning when these drugs are prescribed. The Canadian non-prescription drug industry says there are no similar warnings when people buy them over the counter. *industry=業界

カナダ医薬品管理局は深刻な心臓や脳梗塞のリスクについては認識しています。ただしこれらが処方された場合のみに警告として認識されています。カナダの非処方薬業界によれば、同じ薬をOTCとして購入する場合には同じような警告はなされていないということです。

Those with heart disease are most at risk but the FDA says that people who’ve never had heart problems are also at risk and recommends they consult their doctors and that they take the lowest effective dose of pain killers for the shortest amount of time possible. Christine Burak, CBC News, Toronto.

心疾患患者が最もリスクを受けやすい一方で、FDAは心疾患既往歴の無い人に対してもリスクがあり、鎮痛剤の服用にあたっては、医師の受診及び可能な限りの最少有効量を最短期間服用することを推奨しています。CBCニュースのChristine Burakによるトロントからの報告でした。


▲このページのトップへ

※思い切って英語を頭から訳してみましょう!
ページ内の日本語訳は出来るだけ直訳風にしており、読みにくくなっている箇所があります。一度、自分で訳してみるとより理解が深まるでしょう