PPIは心疾患リスクを上昇させる

Peter Leefy suffers with heart burn and acid reflux. He started taking antacids called proton pump inhibitors or PPIs, to beat back the symptoms.

Peter Leefy氏は胸焼け、胃酸逆流に悩まされています。症状に打ち勝つためにPPIと呼ばれる坑胃酸薬を服用し始めました。

"It progressively got worse to the point where one day in particular I felt a lot of discomfort in my chest."

(症状は)悪化の一途をたどり、ある日胸部にひどい苦痛を感じるところまできてしまいました。

Now a new large study from Houston Methodist Hospital shows people who take PPIs may be more likely to have heart attack. The drugs with brand names such as Prevacid, Prilosec and Nexium are used to treat GERD and other gastrointestinal problems.

ところが、Houston Methodist Hospitalで行われた最新の大規模な研究で、PPI服用中の人は心臓発作の罹患率が上昇する可能性があると結論付けられました。Prevacid, Prilosec, Naxiumといった先発医薬品はGERD及びその他の消化器系疾患の治療に使われています。

"Proton pump inhibitors increase the risk of heart attack in the general population by about 15-20%."

“PPIは一般的な人口において、心臓発作発生率をおよそ15-20%上昇させます。”

Previous studies showed PPIs can affect the Teflon-like lining of blood vessels.

これまでの研究で、PPIは血管内のテフロン様の膜に影響を及ぼすことが分かっています。

"If you’re taking this medicine I would not panic, but what I would do is re-assess whether you really need to be on it or whether you can taper off or have it to be replaced with a different class of drugs."

“もしこの薬を服用中だったとしても、私はパニックになることは無いと思います。パニックになる代わりに、この薬が本当に必要なのか、用量を漸減できないか、若しくは他のクラスの薬剤に変更できないか、といったことを再評価すると思います。”

Researchers found antacids called H2 blockers did not have heart risk. Those medicines include Pepsid and Zantac.

研究者は坑胃酸薬の一つであるH2ブロッカーには心疾患のリスクは無いと結論付けています。これらはPepsidはZantacといった薬です。

"Deep breath"

“深呼吸して“

Peter's doctor was already moving him to an H2 blocker because of other possible side effects.

ピーターさんの担当医は、他の副作用の可能性も考慮し、すでにピーターさんの薬をH2ブロッカーに変更しました。

"There is a lot of heart problems, historically in my family so that is kind of a big issue for me."

“私は心臓病の強い家族歴があります。だから、これは私にとっては大きな懸念です。“

Researchers stress that PPIs can be useful when used in the short term.

研究者はPPIの短期間服用は有益であることを強調しています。

▲このページのトップへ

※思い切って英語を頭から訳してみましょう!
ページ内の日本語訳は出来るだけ直訳風にしており、読みにくくなっている箇所があります。一度、自分で訳してみるとより理解が深まるでしょう