薬局でインフル検査始まる

We have all seen public health campaigns urging us to get a flu shot. Now a Canadian pharmacy chain is running a pilot project in Alberta where people can get a flu test, a prescription and antiviral medication all in one stop, but as medical correspondent Kelly Crowe explains, some infectious diseases experts have concerns.


だれもがインフルエンザ予防接種を呼びかける公衆衛生のキャンペーンを眼にしたことがあるでしょう。現在アルバータ州では、カナダを本拠地とする薬局チェーン店で、あるパイロット事業が行われています。その事業とは、インフルエンザの検査を受け、処方箋をもらい、処方された薬を受け取る、この一連のプロセスを、ワンストップで患者に提供するというものです。医療担当記者であるKelly Crowe氏は、伝染性疾患の専門医らは懸念しているといいます。

If you’re felling sick, and you live in Alberta, you can now go to the neighborhood Shopper’s Drugmart to find out if you have the flu.

体調を壊し、アルバータ州に住んでいる場合、近所のShopper’s Drug Mart(注:大手の薬局チェーン)に行けば、インフルエンザにかかっているか否かを調べてもらえます。

Think you or one of your loved ones might have the flu? (in a very sad voice). For the price of twenty five dollars this convenient flu test will provide a positive or a negative result for the presence of the flu virus.

自分や自分にとって大切な人がインフルエンザにかかることを考えてみてください。25ドル(注:約2500円)という費用を払えば、この便利なインフルエンザ検査が受けられ、インフルエンザウイルスを持っているのか、いないのかが分かるのです。

Then what??

(検査結果が判明した後の)次のステップは何でしょう?

I think it’s very up to the pharmacist and up to the pharmacist’s discretion what they do with those test results.

検査結果を踏まえた上での対応は、個々の薬剤師、薬剤師の判断によると思います。

The pharmacist might choose to help the patient select over the counter medication.

薬剤師はOTC薬のアドバイスをしようという判断に至ることもあると思います。

The scope of pharmacy practice is really just to help improve the convenience for the patient, make sure they are well taken care of, there is no gaps in their care.

薬剤師業務はあくまで患者さんの利便性を向上させることです。患者さんが適切な医療サービスを受けられているか、受けている医療ケアで見逃されている点が無いかをチェックすることです。

And because some Alberta pharmacists are allowed to prescribe, the pharmacists might also suggest an antiviral drug like Tamiflu. Which means the patient will now be able to get a diagnosis, a prescription and a drug all in one spot without ever seeing a doctor.

アルバータ州には処方権を持つ薬剤師も存在します。そういった薬剤師はタミフルといった坑ウイルス薬を処方する場合もあるでしょう。つまり、患者さんは、診断、処方箋、薬の全てを医師の受診を受けることなく、手に入れられることになります。

I thought it was pushing boundaries a little bit.

やや限度が過ぎていると思います。

Dr. Lynora Saxinger is an infectious disease specialist. She says there is a reason why doctors are not allowed to sell the drugs they prescribe.

Dr. Lynora Saxingerは感染症の専門医です。彼女は医師は自分達が処方した薬を売れないのには理由があると言っています。

Anytime the same individual can diagnose and sell, there is a potential conflict of interest, and I think that, that’s across the healthcare system.

どんな場合であれ、ある個人が診断し(同時に)薬を販売する場合、利害の対立が起こりえます。これは、医療システムのいかなる部分でも起こりうることです。

The drug Tamiflu is recommended for people at risk of complications, but for most healthy people it will shorten the illness by about a day, and there are some side effects.

タミフルは合併症のリスクのある人に推奨されています。一方で、健康な人が服用した場合は症状が一日程度短縮されます。幾つかの副作用も報告されています。

Certainly not everyone necessarily should take antivirals for influenza. Most people just ride it out.

確実に言えるのは、抗ウイルス剤は誰もが服用する必要があるわけではない、ということです。ほとんどの人は抗ウイルス剤が無くてもインフルエンザを乗り切れます。

Sometimes the rapid tests are wrong and fail to diagnose the flu. Dr. Andrew Pavia has studied them.

時に、この迅速検査は誤った結果を出し、インフルエンザの診断が正しくなされないこともあります。Dr. Andrew Paviaはこの迅速検査について研究を重ねてきました。

You may get false reassurance from that and stay home when in fact you do need to see a health care provider, and this may be particularly important for people with other health problems, for the frail elderly, for diabetics, for people with heart or lung disease.

実際には医療従事者の診察を受ける必要があるにも拘らず、検査によって誤った安心感が与えられ、患者さんが病院へ出向かないことが起こりえます。この状況が特に重要な意味を持ってくるのは、既往疾患のある人や、虚弱な高齢者、糖尿病、また、心疾患、肺疾患を患っている人たちです。

The drug store chain calls this a pilot project to improve customer convenience but doctors say it’s also an experiment in health care delivery, an experiment that can only happen in Alberta, because so far, Alberta is the only province that allows its pharmacists to write prescriptions, Kelly Crowe, CBC news, Toronto.

話題となっている薬局チェーン店は利用者の利便性を高めるためのパイロット事業としている一方で、医師らは新たな医療供給の試みだと捉えています。この試みはアルバータ州でしか出来ないものです。それは現在のところ、アルバータ州のみが薬剤師に処方権を与えているからです。CBCニュースのKelly Crow、トロントからのリポートでした。

▲このページのトップへ

※思い切って英語を頭から訳してみましょう!
ページ内の日本語訳は出来るだけ直訳風にしており、読みにくくなっている箇所があります。一度、自分で訳してみるとより理解が深まるでしょう