幹細胞研究 -臨床応用への道は未だ遠いか

A Toronto scientist has made an important discovery about stem cells. He’s part of a Canadian led team of researchers who have unlocked the process in which stem cells are created. Kelly Crowe, with how the research could lead to new treatment or cures for a host of diseases.

トロントをベースにする科学者が幹細胞に関する重要な発見をしました。その科学者はカナダを代表する研究グループの一員で、幹細胞が作り出されるまでのプロセスを解明しました。Kelly Crowe氏は、今回の発見がどのように新しい治療や治癒へとつながっていく可能性があるのかをお伝えします。

As a scientist, Andras Nagy is having a very good day, with two papers published together in the prestigious journal Nature, both describing important discoveries in stem cell science.

Andras Nagy氏は科学者にとって栄えある一日を迎えています。2つの論文が権威ある専門誌Natureに掲載されたからです。両論文では幹細胞研究に関する重要な発見が述べらています。

It is basic science at its very best.

あくまで基礎研究の域内での成果です。

In his Toronto lab Nagy studies what happens when an adult cell is reprogrammed to become a stem cell which can may be coaxed to become any cell in the body.

トロントにある研究施設で、Nady氏は成熟細胞が幹細胞へと再プログラムされるときに何が起きるのかを解明するための研究を行いました。幹細胞とは、体内のあらゆる細胞に誘導されうる細胞です。

What am I seeing here?

ここには何が見えているんでしょうか?

So these are the cells which have already started their journey back to stem cells, they started as a skin cell……

これは幹細胞への変化の道をたどり始めた細胞です。元々は皮膚細胞だったものです。

In today’s paper Nagy describes for the first time what’s happening at every stage of that journey.

今日発表されたNagy氏の論文では、世界で初めて幹細胞へと変化する初期の過程で何が起こっているのかが述べらています。

This whole journey was just a black box. No one really knew what was happening there.

この変化の全過程は未知の世界でした。そこでいったい何が起こっているのか誰も知りえなかったのです。

His second paper describes a whole new class of stem cells. It’s the latest in a long line of Canadian discoveries in a field that began in Toronto when James Till and Ernest McColough first discovered stem cells more than 50 years ago. For decades scientists have been studying them, hoping to use them to repair damaged tissue and organs. After decades of research the first human trials of stem cell therapies are just getting started, studies to see if stem cell treatments are safe and if they work.

Nagy氏の2つ目の論文では、全く新しいクラスの幹細胞が述べらています。長く続いてきたカナダ人のこの分野における発見で、最も新しい発見です。発見の歴史はトロントのJames Till氏とErnest MacClolorugh氏の発見から始まり、50年以上続いてきたものです。数十年間、科学者たちは研究を重ねてきました。(幹細胞を)病んだ組織や臓器の修復に使えないかとの望みを抱きながらの研究でした。数十年に渡る研究を経て、人を対象とした初めての幹細胞治療の臨床試験が今まさに始まろうとしています。試験は幹細胞治療の安全性と効果を確かめるためのものです。

At this point very few legitimate stem cell treatments have been approved for use on patients.

現時点では、幹細胞治療で人に対して認可の下りているものはほとんどありません。

Health law researcher Tim Caulfield has been following the field and charting the hype.

医療関連の法律を専門とする研究者、Tim Caulfield氏はこの分野の行方を追い続けています。

You know, it's basic science, things are signalling towards some exiting developments but it's still early days. So when you see claims of that stem cell therapies are effective, you should be immediately suspicious.

ご存知のようにこれは基礎科学です。ことは一定の方向に開けていく傾向を示していますが、まだ初期の段階です。したがって、幹細胞治療には効果があると主張しているものを目にしたら、即座に疑ってかかるべきです。

Today's discoveries provide important information for researchers but neither discovery will effect human health, at least not yet.

今回の発見は研究者たちにとっては重要な発見ですが、どちらの発見も人間の健康に影響を与えることは、今の時点ではまだありません。

▲このページのトップへ

※思い切って英語を頭から訳してみましょう!
ページ内の日本語訳は出来るだけ直訳風にしており、読みにくくなっている箇所があります。一度、自分で訳してみるとより理解が深まるでしょう